印刷 2020年08月13日デイリー版6面

内閣府、松尾・宇宙開発戦略事務局長、「みちびき」活用など解説

 内閣府の松尾剛彦宇宙開発戦略事務局長はこのほど、寺田稔総務副大臣のモーニングセミナーで日本や米国などの宇宙政策について講演した。海洋状況把握(MDA)や日本版GPS(衛星利用測位システム)である準天頂衛星「みちびき」などを活用するための指針を示した日本の「第4次宇宙基本計画」についても解説した。松尾氏は宇宙政策に関する各国の予算に関して説明し、「欧州の予算規模は日本の3倍、米国については1… 続きはログインしてください。

残り:512文字/全文:705文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む