船員支援キャンペーン
 印刷 2020年08月12日デイリー版2面

総合重工造船部門、JMU黒字転換。4―6月期、4社は営業赤字。低船価船に資機材高響く

 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)を含む総合重工系5社の2020年4―6月期連結決算が11日、出そろった。各社船舶部門の営業損益は、JMUがコスト削減による収益改善などにより唯一黒字を確保。同事業単独業績を開示していない三菱重工業を含む4社は赤字となった。採算の厳しい船価の新造船の売り上げ計上、資機材価格の高止まりなどが響いた。JMUが11日発表した4―6月期連結決算は、営業損益が38億… 続きはログインしてください。

残り:803文字/全文:998文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む