船員支援キャンペーン
 印刷 2020年08月11日デイリー版2面

三菱造船、「はまゆう」進水。東京九州フェリー向け、長崎本工場で

 三菱重工業グループの三菱造船は7日、三菱重工長崎造船所(長崎市)本工場(立神)で、来年7月に東京九州フェリーが開設する新門司(北九州市)―横須賀(神奈川県)航路への新造投入船で1万5400総トン型の「はまゆう」の命名・進水式を行った。同船は今年1月に発効したSOX(硫黄酸化物)規制強化に対応するため、主機関(4台)と発電機関(3台)にスクラバー(排ガス浄化装置)を合計7台装備。長崎造船所でのフェ… 続きはログインしてください。

残り:564文字/全文:748文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む