船員支援キャンペーン
 印刷 2020年08月07日デイリー版2面

川重・船舶海洋、通期受注目標1200億円。前期比倍増、LNG船狙う

 川崎重工業は6日、船舶海洋事業の2021年3月期連結受注高で前期比2・1倍の1200億円を目指すことを明らかにした。受注が途絶えているLNG(液化天然ガス)船の獲得を狙うほか、LPG(液化石油ガス)船、潜水艦の成約を見込む。足元は新造商船の受注残縮小に直面しているが、世界的なLNGプロジェクトの具体化などを追い風に受注回復に注力する。川重の6月末時点の新造船受注残はLPG船5隻、潜水艦2隻… 続きはログインしてください。

残り:620文字/全文:813文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む