船員支援キャンペーン
 印刷 2020年08月07日デイリー版2面

名村造船所4―6月期、営業損失22億円。低船価船建造で

 名村造船所の2020年4―6月期連結決算は、営業損失が22億円となった。前年同期は56億円だった。連結子会社の佐世保重工業での新造船建造工程の安定化などで製造原価が大幅に改善したものの、低船価船の建造・引き渡しが続いていることや、資材価格の高止まりなどが黒字化を阻んだ。新造船は、大型バルカー1隻(前年同期はゼロ)を成約した。名村では、グループのさらなるコスト合理化計画の一環として、伊万里事… 続きはログインしてください。

残り:362文字/全文:557文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む