船員支援キャンペーン
 印刷 2020年08月07日デイリー版1面

海運大手、自動車船に“大ナタ”。今期、30隻減船。需要にらみ船隊再構築

 海運大手が自動車船の減船を進めている。3社が今期中に計画している減船の隻数は運航船の1割に当たる30隻規模に上ることが分かった。輸送需要に見合った形に船隊を再構築し、収支悪化を食い止める考えだ。海運大手が5日までに発表した第1四半期の決算でも自動車船はメーカーの減産のマイナス影響が顕著に出ている。過去、日本の自動車輸出が500万台以上で推移していた時代の船隊のスリム化、航路再編に大ナタを振るう。… 続きはログインしてください。

残り:712文字/全文:912文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む