船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版1面

港運労使、自動化・機械化WG物別れに

 港運中央労使は7月31日、港湾の自動化・機械化に関する労使協議会の実務者ワーキンググループ(WG)を東京都内で開催したが、双方の主張は平行線をたどり物別れに終わった。組合側は協議会の終了後、日本海事新聞の取材に対し「国の『港湾機能高度化施設整備事業』の今年度応募期限がきょうまでの状況下、今後の協議はWGで担える範囲を超えたと考える」(全国港湾労働組合連合会事務局)と言及。中央団体交渉のレベ… 続きはログインしてください。

残り:111文字/全文:218文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む