船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版1面

商船三井4―6月期、コロナ下で黒字確保。経常益73億円、エネルギー輸送が好調

 商船三井は7月31日、2020年4-6月期の連結業績を発表した。経常利益は73億円と黒字を確保したが、前年同期比48%減の減益となった。新型コロナウイルスの影響で自動車船は輸送台数が40%減と大幅に低迷。ドライバルク市況の悪化も響いた。一方、市況が高騰した原油船で複数の有利短期契約を獲得するなど、エネルギー輸送が好調で赤字を回避した。新型コロナで世界的な不況が続く中、黒字を確保した形だ。新… 続きはログインしてください。

残り:618文字/全文:815文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む