船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版1面

主要造船大手、三井は常石と資本提携。生き残り策、全社明確化

 三井E&S造船を傘下に持つ三井E&Sホールディングスと、ツネイシホールディングスグループ(常石グループ)の常石造船は7月31日、三井E&S造船の一部株式を常石造船に譲渡することで協議を開始すると発表した。艦艇事業を除く商船事業が対象になる。総合重工系造船(造船大手)ではJMU(ジャパンマリンユナイテッド)が今年3月、今治造船と資本・業務提携した。主要な造船大手各社はそれぞれ、生き残り方で旗幟を鮮… 続きはログインしてください。

残り:1016文字/全文:1210文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む