船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版2面

ナビオスMA、日本建造のVL裸用船。期間12年、4隻目

 ギリシャ船主大手ナビオスグループのタンカー事業会社ナビオス・マリタイム・アクイジション(ナビオスMA)は7月30日、日本建造の新造VLCC(大型原油タンカー)1隻を対象に12年間の裸用船(BBCイン)契約を締結したと発表した。2022年4―6月竣工を予定し、船価は8450万ドル。船主は明らかにしていない。建造ヤードは不明だが、ナビオスが18年末に今治造船に発注したVLCC4隻の最終船とみら… 続きはログインしてください。

残り:186文字/全文:364文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む