船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版4面

近畿地整、溝口新局長会見。インフラ整備を推進。関西活性化に貢献

 【関西】近畿地方整備局の溝口宏樹局長は7月30日、大阪市の大阪合同庁舎内で就任会見した。溝口局長は3つの重点事項として、防災・減災への注力▽関西活性化への貢献▽地域の建設業の持続的発展―の3点を挙げ、関西活性化では港湾を含むインフラ整備の推進に言及した。溝口局長は2025年開催の大阪万博や、関西空港と新大阪駅を結ぶ鉄道新線「なにわ筋線」、将来的なリニア中央新幹線の大阪乗り入れなどを例示。イ… 続きはログインしてください。

残り:434文字/全文:631文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む