船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版5面

2019年国内港湾コンテナ取扱量、外貿0.4%減の1884万TEU。世界経済減速を反映、国際フィーダーも伸び悩み

 国土交通省港湾局は7月21日、2019年の国内各港のコンテナ取扱貨物量(速報値)をまとめ公表した。外貿コンテナを取り扱った港湾は、定期コンテナ航路が就航する港湾、スポット需要があった港湾を合わせ全国65港。合計値は過去最高を記録した18年実績比で0・4%減の1884万TEUだった。外貿コンテナは4年ぶりの前年割れ。米中貿易摩擦など世界経済の減速に加え、国内景況の悪化も反映したものとみられる… 続きはログインしてください。

残り:572文字/全文:767文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む