船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年08月03日デイリー版4面

記者の視点/五味宜範】外航船ヤード、受注対象 ここに来て内航船脚光

 外航船が主力の建造ヤードが、受注で苦戦している。船腹需給が本格的に改善していないほか、環境規制への対応などでコストが大幅に増加していることに加え、船主の環境規制を見据えた様子見の状況が続く。さらに、ここに来て新型コロナウイルス感染症拡大が追い打ちをかけた。そんな中で、受注対象として内航船が注目を集める可能性がある。外航船、内航船とも建造している造船所でも、近年は内航船の比重が高まるケースが… 続きはログインしてください。

残り:915文字/全文:1112文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む