船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月31日デイリー版1面

今治造船、最終赤字116億円。前期、造船不況を反映

 今治造船が官報に告示した2020年3月期決算は、経常損益が72億円の赤字となった。前の期は168億円の黒字だった。低船価船の売り上げ計上などが響いた。売上高は前の期比3%減の3806億円。期間中に97隻・525万総トンを引き渡し、総トン数ベースでは過去最高だった。営業損益は207億円の赤字(前の期24億円の黒字)、最終損益も116億円の赤字(同116億円の黒字)にそれぞれ陥った。造船で国内最大手… 続きはログインしてください。

残り:351文字/全文:547文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む