船員支援キャンペーン
 印刷 2020年07月31日デイリー版2面

国交省、船員の働き方改革取りまとめへ議論

 国土交通省海事局は31日、交通政策審議会(国交相の諮問機関)の海事分科会船員部会をウェブ会議形式で開催する。休暇取得の在り方など労働環境改善に向けた船員の働き方改革の取りまとめに関する議論をする。

 船員部会は2019年2月から、このテーマについて議論。同11月以降は主要論点についてのたたき台を提示し、学識経験者や労使などの委員が検討を重ねてきた。6月の部会では、国交省が議論の取りまとめの骨子案を提示していた。

 31日の会合では、交政審に諮問があった内航船(全国内航鋼船運航業)と旅客船(海上旅客運送業)の船員の特定最低賃金改正に関して同部会で議論するほか、船員派遣事業の許可についても審議する。

 今回の部会も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一部出席者を除きウェブで参加する方式を採用する。