船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月21日デイリー版2面

MariTech】日本郵船、国内初侵入テスト。サイバー攻撃想定、JMU・NKなどと

 日本郵船は20日、同社グループのMTI、ジャパンマリンユナイテッド(JMU)、NTTデータ、日本海事協会(NK)と共に、船舶へのサイバー攻撃を想定した「ペネトレーションテスト(侵入テスト)」を国内で初めて実施したと発表した。船上機器システムに関わるサイバーリスク対策の検証手法の確立を目指す。

 サイバーリスク対策の検証手法として既に他産業で活用されているペネトレーションテストの有効性を確認するため、新造船を想定した模擬環境で同テストを実施した。その結果、船上機器が攻撃を受けた後の本船上での対応や、事前対策のルール形成が必要と評価された。

 同テストの成果は、適切なサイバーリスク対策の検証手法の確立や、日本の海事クラスターのサイバーセキュリティーに関わる技術水準向上の一助となるように一部を公開する。

 IT(情報技術)の発達に伴い、船舶でも船内機器の電子化や船陸間の衛星通信の普及が進む。それに伴い、第三者による不正アクセスなどサイバーセキュリティーのリスクが高まっている。

 不正アクセスにより、エンジンの異常運転や停止を引き起こしたり、航海計器の表示や位置情報を改ざんすることで、本船を乗っ取るなどの脅威が指摘されている。

 報告書のURLは以下の通り。

 https://www.classnk.or.jp/hp/pdf/press/report/202007j.pdf