船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月15日デイリー版1面

九州豪雨】九州地整、漂流物を大量除去。有明海・八代海、八代港の一部管理も

 国土交通省の九州地方整備局は10日、記録的な豪雨に見舞われた九州地方で、有明海・八代海に流れ込んだ流木など大量の漂流物回収状況を取りまとめて公表した。国直轄の港湾工事事務所の所有船などを投入し、約1800立方メートルの漂流物を回収。併せて八代港の港湾施設の一部管理を担うことで、広域的な流木などの除去を行えるようにした。九州地整の熊本港湾・空港整備事務所では、4日から海洋環境整備船「海輝」「… 続きはログインしてください。

残り:283文字/全文:480文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む