船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月15日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】蘭設計会社など、自律型警備船開発へ。コンセプトデザイン、洋上風発を監視

 重量物運搬船などの設計を手掛けるオランダのC-Jobナーバル・アーキテクツなどが参加するコンソーシアムは7日、洋上風力発電所が設置されている海域のパトロールを行う自律型警備船(AGV)のコンセプトデザインを発表した。これまで有人の船舶に頼っていた洋上風発立地海域の警備を無人化。タワーへの衝突など事故防止に向けた継続的な監視体制を整備しつつ、人的コストの削減を図る。警備船の無人化に向けた取り… 続きはログインしてください。

残り:508文字/全文:703文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む