船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月15日デイリー版3面

国交省、起債事業計画 閣議決定、港湾機能施設に411億円。臨海部土地造成に278億円

 国土交通省港湾局は14日、港湾管理者が地方債で資金調達して港湾整備を行う起債事業計画「特定港湾施設整備事業基本計画」の2020年度分を閣議決定した。公共事業による岸壁整備などとセットで行われる上屋、荷役機械、埠頭用地の整備など(港湾機能施設整備事業)で411億円、港湾関連用地、工業用地の造成(臨海部土地造成事業)で278億円を今年度計画した。各分野ごとの事業計画では、上屋整備が苫小牧、小樽… 続きはログインしてください。

残り:528文字/全文:721文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む