船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月13日デイリー版1面

ダイハツディーゼル、ガス燃料機関の開発促進。自動車船3隻向け受注

 舶用補機製造などを手掛けるダイハツディーゼルの堀田佳伸社長は10日、オンライン会見で「足元の新製品開発では、ガス燃料機関のラインアップを整えることが急務」と語り、4機種の整備を目指していることを紹介した。LNG(液化天然ガス)を燃料とするDF(二元燃料)エンジンで、対象はボア(シリンダー口径)で20センチ、23センチ、28センチ、35センチの4機種となる。既に28センチの「DE28DF」と35セ… 続きはログインしてください。

残り:539文字/全文:733文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む