船員支援キャンペーン
 印刷 2020年07月10日デイリー版1面

石炭火力、「USC以外の老朽設備廃止」。JERA社長、2030年明確化を評価

 国内発電最大手JERA(本社・東京)の小野田聡社長は9日、オンライン記者会見を開催し、経済産業省が先週示した2030年度までに非効率な石炭火力発電所を休廃止する政策について、「基本的にUSC(超々臨界圧方式)ではない非効率な古い石炭火力を廃止すべきと考えている」と語った。その上で「第5次エネルギー基本計画にも示されているこの方針について、30年度という具体的な時期が示されたことは事業者にとって事… 続きはログインしてください。

残り:806文字/全文:1002文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む