船員支援キャンペーン
 印刷 2020年07月10日デイリー版1面

川崎汽船、伯沖のFPSO参画。操業・管理にも関与

 川崎汽船は9日、インソン・ホールディングス(マレーシア)の100%出資子会社と住友商事、ブラジル国営石油会社ペトロブラスが開発するブラジル沖のFPSO(浮体式石油・ガス生産貯蔵積み出し設備)の保有・用船事業に出資参画すると発表した。本事業に川崎汽船は造船系技術者を派遣し、出資だけでなく、実際の操業・管理にも携わる。本事業を通じ、蓄積した知見を後続事業や新規エネルギー関連事業へ生かす。現在、… 続きはログインしてください。

残り:425文字/全文:618文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む