船員支援キャンペーン
 印刷 2020年07月10日デイリー版1面

国際輸送、19年水準回復、22年半ばか。マッキンゼー、コロナ影響分析

 世界的コンサルティング企業マッキンゼーはこのほど、新型コロナウイルス感染拡大が国際貨物輸送に与える影響をまとめた。航空輸送は2020年4-6月期に前年同期比14%低下し、19年の水準に戻るのは22年中盤以降と予想する。コンテナ貨物など海上輸送も同水準の落ち込みだが、回復にはそれ以上の時間がかかるだろうとしている。マッキンゼーは9つのシナリオに分けて国際貿易の動向を分析。健康への対応が適切に… 続きはログインしてください。

残り:705文字/全文:902文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む