船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月09日デイリー版3面

ANA、貨物の客室搭載に挑む。コロナ禍、マスクなど医療物資を輸送

 全日本空輸(ANA)はコロナ禍で奮闘している。4-5月にかけてマスクや防護服など緊急物資を中国やタイ・バンコクから日本へ輸送。1便当たりの搭載量を増やす取り組みとして、日本の航空会社で初となる客室への貨物搭載を実施した。「客席への搭載」という前例のない輸送に挑んだ、ANAの貨物輸送の裏側に迫る。(佐々木マヤ) ■旅客便が減便 新型コロナウイルスの影響が顕在化したのは3月中旬ごろ。航空… 続きはログインしてください。

残り:1316文字/全文:1506文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む