船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月09日デイリー版1面

常石造船、19年12月期営業損失49億円

 ツネイシホールディングス(HD)グループの常石造船が官報に告示した2019年12月期の単体決算は、営業損失が49億円だった。前の期の同30億円から赤字幅が拡大した。経常損益は前の期の9億1800万円の黒字から38億円の赤字に、最終損益も同24億円の黒字から56億円の赤字にそれぞれ転落した。売上高は前の期比9%減の988億円だった。ツネイシHDが4月発表した海外工場を含めた造船事業全体… 続きはログインしてください。

残り:173文字/全文:339文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む