ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2020年07月03日デイリー版1面

スリーダム、エネ貯蔵システム開発。船舶電動化に有効

 船舶などを対象とした次世代電池開発のベンチャー企業スリーダム(3DOM、横浜市)傘下の米国法人ラブリがリチウムイオンバッテリーエネルギー貯蔵システム(ESS)のフラッグシップモデル「プロテウス」を開発した。従来型の製品より内蔵の次世代バッテリーセルの高寿命化や高信頼性を実現、船舶の電動化の有力ツールとなる。既に内航オペレーターや舶用メーカーとも協議を開始しており、近く船舶運航のエネルギー消費のシ… 続きはログインしてください。

残り:905文字/全文:1101文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む