船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年07月01日デイリー版2面

市況2020】ケープ、9カ月ぶり3万ドル台。FFAがけん引

 主に鉄鋼原料を運ぶ18万重量トン級ケープサイズバルカーの5航路平均のスポット市況が、9カ月ぶりに日建て3万ドル台に乗せた。南米積みの荷動きが復調してきたほか、7-9月対象のFFA(運賃先物取引)が2万ドル台を付けるなど、現物の市況の押し上げ要因になっている模様だ。6月29日付の英ロンドン市場で、ケープサイズの5航路平均が3万778ドル(前日比1137ドル高)に続伸した。3万ドル台を付けるの… 続きはログインしてください。

残り:272文字/全文:465文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む