個人在宅支援プラン
 印刷 2020年06月30日デイリー版3面

日本発米国向け、5月大幅マイナス。主要船社軒並み2桁減

 2020年5月の日本発米国向けコンテナ貨物量は前年同月比37%減の3万4000TEUとなり、落ち込み幅としてはリーマン・ショックの影響が出た09年以来。また単月の貨物量が4万TEUを割り込むのは15年2月以来となる。船社別でみると、日本発のシェア約5割を占める邦船3社コンテナ船事業統合会社オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)が4割近い減少になったほか、主要10社全て2桁になるなど大幅減と… 続きはログインしてください。

残り:481文字/全文:679文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む