個人在宅支援プラン
 印刷 2020年06月30日デイリー版1面

玉井商船、元本リスケ要請。財務条項に抵触、5行計13億円

 玉井商船が先週発表したスープラマックス5隻を対象にした金融機関への返済計画の見直し(リスケ)は、同社が上場企業(東証2部)として財務制限条項に抵触した結果、情報開示したものだ。今回、同社はオペレーター(運航船社)としてドライ市況の低迷で手元流動性=キャッシュフロー(現金収支)が悪化。しかし、今後は日本船主の中にも、海外オペの用船料減額を理由にリスケが発生する可能性も出ている。玉井商船のリスケは5… 続きはログインしてください。

残り:713文字/全文:905文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む