船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年06月29日デイリー版3面

名古屋・三河港、5月の自動車関連輸出、マイナス鮮明に

 【中部】新型コロナウイルス感染拡大は、自動車関連の貨物が多い名古屋港、三河港の5月の輸出入取扱量に大きく影響した。主要の完成自動車輸出は両港ともに前年同月比で5割以上のマイナス。自動車部品の輸出も激減したことで名古屋港の実入り輸出コンテナは35%減だった。いずれも4月より悪化していた状況が鮮明となった。5月の名古屋港の完成自動車の輸出は、数量が54%減の4万9318台、金額が56%減の10… 続きはログインしてください。

残り:838文字/全文:1035文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む