船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2020年06月25日デイリー版3面

CCL、コンテナ900本新造整備。ウェブブッキングも本格化

 中国船社CCL(新中通国際海運)はこのほど、新造コンテナ900本を整備し、引き渡しを受けた。輸送量増加に合わせた純増ベースでの新造整備となる。今月からは日本市場でもウェブブッキングなどを行うeサービスも本格化。サービス品質向上に務める。CCLはコンテナ8000本強を運用し、半分以上が自社保有となっている。今回、既存コンテナの1割超を新造した計算だ。日本法人中通遠洋コンテナライン(CC… 続きはログインしてください。

残り:540文字/全文:731文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む