船員支援キャンペーン
 印刷 2020年06月04日デイリー版1面

北米航路、PSS7月導入へ。40フィート1000ドル程度、上海などアジア発

 アジア-北米航路に配船するコンテナ船各社は7月から、上海などアジア発を中心に相次いでPSS(繁忙期割増金)を導入する。課徴額は船社によって異なるが、40フィート当たり1000ドル程度。5月末から上海発では需給が逼迫(ひっぱく)し、「割増料金を支払わないと船積みできない状況」(荷主関係者)にある。上海など中国華東地区に北米西岸PSWまで所要日数の短い直航サービスが集中していることも、同地域発のスペ… 続きはログインしてください。

残り:678文字/全文:872文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む