船員支援キャンペーン
 印刷 2020年06月03日デイリー版2面

東海汽船、レストラン船から撤退。老朽化やコロナ影響で

 東海汽船は5月29日に開いた取締役会で、レストランシップ事業から撤退することを決議した。船舶の老朽化や新型コロナウイルス感染拡大による影響も理由に挙げている。事業撤退日は6月30日。運営会社で東海汽船の100%子会社の東京ヴァンテアンクルーズは今後、解散・清算する予定としている。東海汽船グループは1989年以来、レストラン船「ヴァンテアン」を運航し、東京湾周遊のレストランシップ事業を展開し… 続きはログインしてください。

残り:200文字/全文:397文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む