船員支援キャンペーン
 印刷 2020年06月01日デイリー版2面

国交省、内航ケミカルタンカー2隻、省エネ最高ランクに格付け

 国土交通省は5月28日、内航船の省エネ格付け制度で、内航ケミカル船2隻を省エネ・省CO2(二酸化炭素)性能が極めて高い船舶として最高ランクに格付けをしたと発表した。今回最高評価を得たのは、青野海運と興亜産業が申請した「光令丸」(499総トン)、本瓦造船と松田汽船が申請した「興祥丸」(498総トン)。同制度は3月に環境性能の評価手法の変更などを行い、本格運用を開始した。2隻への格付けは本格運用後初… 続きはログインしてください。

残り:620文字/全文:814文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む