船員支援キャンペーン
 印刷 2020年06月01日デイリー版2面

中国造船各社、自国向け新造船目立つ。招商局工業集団など相次ぎ受注

 中国の造船各社は4月から5月にかけて、自国向け新造船の受注が目立つ。新型コロナウイルス感染症の影響でマーケット停滞が続く中、発注者には自国の造船産業を助けたいという思惑があるようだ。中国招商局集団傘下で、同じグループの招商局工業集団(CMIH)に6万2000重量トン型多目的船4隻を5月26日に発注した中国招商局能源運輸(CMES)も、新型コロナや新造船市場の低迷に直面する造船所をサポートすること… 続きはログインしてください。

残り:695文字/全文:891文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む