船員支援キャンペーン
 印刷 2020年06月01日デイリー版1面

ケープ市況、低迷長期化も。コロナ禍深刻。伯積み鉄鉱石、影響懸念

 海運会社のドライ船関係者が、鉄鋼原料船ケープサイズバルカーの市況低迷長期化を危惧している。鉄鋼原料の主要供給国であるブラジルで新型コロナウイルス問題が深刻化し、鉄鉱石輸出に影響が及ぶ恐れがあるためだ。輸送距離が長く船腹需要の押し上げ効果が大きいブラジル積みの輸送需要の停滞が長引けば、市況回復に水を差しドライ船社の収益改善も遅れる可能性がある。ブラジルの鉄鉱石輸出に対するコロナ禍の直接的な影… 続きはログインしてください。

残り:1027文字/全文:1224文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む