船員支援キャンペーン
 印刷 2020年05月29日デイリー版1面

インタビュー 船舶EV化】e5ラボ社長・一田朋聡氏。デジタル技術と融合

 商船三井、旭タンカーなどが出資する「e5ラボ」(本社・東京都千代田区)が、ゼロエミッション(排出ゼロ)の大容量電池駆動による電気推進船(EV船)の開発・普及に向け、活動を活発化させている。今年3月には、旭タンカーが大容量リチウムイオン電池を動力源とした499総トン型EV船2隻の建造を決定。同船に関するインフラの構築などに向け、e5ラボが事務局を務める「e5コンソーシアム」が立ち上がった。e5ラボ… 続きはログインしてください。

残り:2194文字/全文:2388文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む