個人在宅支援プラン
 印刷 2020年05月22日デイリー版1面

コンテナ運賃、コロナ禍 下振れせず。アジア発安定、船腹削減が奏功

 上海航運交易所(SSE)がまとめた15日付の上海発北米向けコンテナ運賃(スポット)は、西岸向けが40フィートコンテナ当たり1686ドル、東岸向けが同2542ドルとなった。前週に比べて西岸向けは44ドル、東岸向けは174ドルの値下がりとなった。ただ、5月の運賃レベルは過去5年間では最も高い水準で推移する。世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響でコンテナ荷動きは大きく低迷。落ち込み幅は20-25%… 続きはログインしてください。

残り:930文字/全文:1126文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む