MariTech Webinar Japan 2020 <日英同時配信>
 印刷 2020年04月30日デイリー版2面

サムスン重工、1―3月期、営業損失が拡大。新型コロナも影響

 韓国造船大手サムスン重工業の1-3月期連結決算(速報ベース)は、営業損失が478億ウォン(約43億円)で、前年同期の333億ウォンから赤字幅が拡大した。低船価受注船の売り上げ計上や、新型コロナウイルス感染拡大によりブロック製造などを手掛ける中国子会社の操業に支障が出たことなどが響いたとみられる。売上高は、前年同期比25%増の1兆8266億ウォン、純損失が2270億ウォン(前年同期1026億ウォン… 続きはログインしてください。

残り:313文字/全文:508文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む