アップグレード案内
 印刷 2020年04月09日デイリー版3面

ケリーロジ、19年営業益17%増、香港混乱も基盤多様化で

 香港物流大手ケリーロジスティクスが3月31日発表した2019年業績は、売上高が前年比8%増の411億3900万香港ドル(約5700億円)、コア営業利益が17%増の27億6500万ドル、親会社株主に帰属する純利益は55%増の37億8800万ドルで大幅な増収増益となった。中国の経済成長鈍化、基盤を置く香港での社会的混乱などの逆風があったが、事業基盤・地域の多様化により、増益を確保した。部門別業… 続きはログインしてください。

残り:508文字/全文:703文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む