アップグレード案内
 印刷 2020年04月03日デイリー版4面

日通総研、20年度貨物輸送見通し。海空輸出2年連続減。新型コロナで下押し

 日通総合研究所は3月30日、「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」を公表した。外貿コンテナ(国際海上貨物)、国際航空貨物の輸出は共に前回発表(19年12月)から前年度比伸び率を下方修正し、2年連続でマイナスとなる見込み。新型コロナウイルス感染症による海外工場の生産縮小・停止に伴う荷動き停滞などを織り込んだ。感染拡大については、アジアでは今夏ごろにおおむねピークアウトに向かう一方、欧米で… 続きはログインしてください。

残り:1014文字/全文:1208文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む