印刷 2020年03月26日デイリー版1面

原油安、海洋事業にも逆風。海運会社、影響見極め

 サウジアラビアの原油増産に端を発する原油安は、海運会社の海洋事業にも逆風となりそうだ。エネルギー会社は関連事業の減損損失計上を強いられ、投資も絞り込む方針を示しているためだ。ただ、原油価格低迷は長期化しないとの見方もあり、影響を見極めるには時間がかかりそうだ。邦船大手は海上輸送事業で培った知見を生かし、海洋資源開発分野に参入。ドリルシップやFPSO(浮体式原油生産・貯蔵・積み出し設備)、シ… 続きはログインしてください。

残り:454文字/全文:649文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む