印刷 2020年03月26日デイリー版1面

東京港、五輪対策 仕切り直し。1年程度延期、環境変化踏まえ対応

 今夏の東京五輪大会が1年程度延期されることが24日、IOC(国際オリンピック委員会)と日本政府・東京都との間で確認されたことで、大会本番を見越し準備が進められていた東京港の五輪対策もいったん仕切り直しとなることが確定した。既に都は、官民の東京港関係者と連携し、コンテナターミナル(CT)ゲートオープン時間の拡大やストックヤード(オンシャーシコンテナの一時留置場)の増設、さらには中央防波堤外側Y2タ… 続きはログインしてください。

残り:858文字/全文:1052文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む