印刷 2020年03月26日デイリー版3面

五輪延期、物流関係者に安堵感。猶予期間で対策再考期待

 東京五輪・パラリンピックの延期が決まったことで、物流関係者の間にはいったんは安堵(あんど)する空気が広がっている。交通規制などの情報不足もあり、行政などの五輪対策に懸念が残っていたためだ。時間的な猶予を生かし、インフラ整備を含め、より踏み込んだ対策を期待する意見も多く聞かれた。(1面参照) 「ほっとしている」「万歳と叫びたい気持ち」-。五輪延期の報を受け、フォワーダー、ドレージ(海上コンテナ… 続きはログインしてください。

残り:966文字/全文:1159文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む