印刷 2020年03月26日デイリー版4面

記者の視点】五味宜範:総合重工系造船の構造改革。競争力強化へ「待ったなし」痛感

 総合重工系造船の構造改革の動きがスピードを増している。昨年の下期(7-12月)から各社が相次いで、計画の見直しを含め具体策を発表。このうち、今治造船とジャパンマリンユナイテッド(JMU)の資本・業務提携と、三菱重工業による長崎造船所香焼工場(長崎市)の大島造船所への売却に向けたそれぞれの作業は大詰めを迎えている。       ◇ 三菱重工は今月6日、グループの三菱造船がフィリピン政府か… 続きはログインしてください。

残り:855文字/全文:1044文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む