印刷 2020年03月25日デイリー版3面

港湾混雑に挑む】「解説」2つのヤード内荷役方式

 連載「変わる東京港-ターミナル最前線」を始めるに当たり、頻出するコンテナヤード内の荷役方式(ストラドルキャリア方式・トランスファークレーン方式)について解説する。(1面参照) ■ストラドルキャリア方式 コンテナターミナル(CT)が出現した約半世紀前からヤード内荷役機械の主力として活躍してきたのがストラドルキャリアだ。コンテナを両脚でまたぎ、両輪の間に抱える形でコンテナヤード内を走行する。… 続きはログインしてください。

残り:1079文字/全文:1269文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む