印刷 2020年03月25日デイリー版1面

新型コロナ】日本郵船・長澤社長、今こそ顧客との信頼を。NCAが存在感

 日本郵船の長澤仁志社長は現在の新型コロナウイルスによる海運業への影響について、「世界全体の経済が停止する事態に直面しており、非常に警戒感を抱いている」と危機感を示した。日本郵船としては現状の厳しさを踏まえつつも、各ステークホルダーとは中長期的な関係構築を重視する考えを強調。「必ず経済や荷動きは復活する。その時に荷主や船主などの取引先とどれだけ結び付きを維持できているかが重要になる。今、日本郵船が… 続きはログインしてください。

残り:1001文字/全文:1201文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む