印刷 2020年03月25日デイリー版3面

近鉄エクスプレス、APLL関連で減損44億円計上。通期予想を下方修正

 近鉄エクスプレスは24日、2020年1-3月期に減損損失44億2600万円を計上すると発表した。これに伴い20年3月期業績予想の純利益を25億円に下方修正する(前回発表70億円)。連結子会社APLロジスティクスが自社利用の基幹業務システムで、今後の継続使用について検討した結果、同システムの一部機能を廃棄し、新システムとして再構築することを決めた。これにより、20年1-3月期に、ソフトウエア… 続きはログインしてください。

残り:119文字/全文:234文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む