印刷 2020年03月24日デイリー版4面

語録採録】石油連盟会長・月岡隆さん。原油需給、いずれ収れん

 原油価格の低迷が続いており、「この1カ月で62%安、絶対値で32ドル92セント安の暴落になった。依然底値が見えない」。低迷の要因については「新型コロナウイルスで世界の実体経済へ悪影響が出始め、石油需要の減とOPECプラス(石油輸出国機構と非加盟産油国)が増産に転じたことによる供給過剰という2要素がある」と分析。その上で、「原油価格の混乱は続くが、経験則から最終的には需要に見合う供給と… 続きはログインしてください。

残り:118文字/全文:232文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む