印刷 2020年03月18日デイリー版1面

インタビュー 「海に浮かぶ大学病院」】元衆院副議長・災害時多目的船(病院船)建造推進議員連盟会長・衛藤征士郎氏。病院船、新造250億円で

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、病院船(災害時多目的船)を導入しようとの声が政府・与野党内でも高まっている。阪神・淡路大震災、東日本大震災など大きな震災が起こるたびに必要性は語られてきたが、建造や維持にかかる費用がネックとなり見送られてきた。2011年に超党派の議連を設立するなどして病院船の導入を働き掛けている衛藤征士郎・元衆院副議長は「感染症対策やこれから起きるであろう地震などの災害対応の… 続きはログインしてください。

残り:1846文字/全文:2044文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む